トップへ戻ります 会社概要に進みます 連絡先に進みます サイトマップに進みます
試験サービスに進みます 試験会場に進みます 受験申込方法に進みます 出張試験に進みます FAQに進みます
トップ > 試験サービス > 日本経営協会
日本経営協会

[各種試験のお申込みはこちら]

●「受験申込み/空席確認」から各種試験の申込みに進みます。→
受験申込み/空席確認
お申込み方法 試験会場 テキスト・対策講座 選択してください

●検定の目的

 経済のグローバル化・ボーダレス化が進み、雇用環境が激しく変動している中で、この先ますます個の能力の底上げを行うことが、組織にとっても一個人にとっても 国際競争時代を生き抜くうえで必須となります。
 そのために「能力の証明」となる検定試験を通じ、個の知識とスキルをレベルアップし、どのような状況にも通用する、競争環境に強い人材育成・能力開発を図りましょう。

●検定の構成


詳細はこちら、日本経営協会ホームページ


●検定の種類

 ・・・

・ファイリング・デザイナー検定 1級
・ファイリング・デザイナー検定 2級
・ファイリング・デザイナー検定 3級

 ・・・

・電子ファイリング検定 A級
・電子ファイリング検定 B級

 ・・・

・公文書管理検定 マネジメント編
・公文書管理検定 実務編


ファイリング・デザイナー検定

オフィス・ワークの生産性をあげるために必要不可欠な技術が、ファイリングシステムです。
オフィス文書の発生から廃棄まで、ライフサイクル全般を適切に管理する人材を育成するため実施されるのがファイリング・デザイナー検定試験です。

■検定概要

1級 2級 3級
申込期間 6/1〜、11/1〜
実施期間 7月/11月下旬〜12月
検定概要 組織内におけるトータル・ファイリングシステムを設計・管理・指導できる能力を持っていることが認められるレベル ファイリングシステムを導入・維持管理できる知識・技能を持っていると認められるレベル ビジネスを行ううえで必要となる情報やファイリングに関する基礎知識を持っていると認められるレベル
試験形式 コンピューターでの出題(選択式および記述式) コンピューターでの出題(選択式)
出題範囲 ファイリング・デザイナー検定1級および2級公式テキストから出題 ファイリング・デザイナー検定2級公式テキストから出題 ファイリング・デザイナー検定3級公式テキストから出題
試験時間 90分 60分
受験資格 不要 (組織内にファイリングを構築しようとする人や中堅以上の社会人など) 不要 (ファイリングの実務に興味がある人や社会人、学生など) 不要 (ファイリングを初めて学ぶ人や学生など)
合格基準 70点以上/100点満点(選択式および記述式ともにいずれも70点以上であること) 70点以上/100点満点
合否発表 実施期間終了日の1か月程度後にマイページで公開 検定終了後即時
受検会場 全国170ヶ所以上の受験会場から希望の日時を選択
受検料 8,640円(税込) 6,480円(税込) 4,320円(税込)
申込方法 インターネットからの申込み
(画面上部「受験申込み/空席確認」ボタンより申込み)
電話・FAXでの申込みや試験会場での申込みは受付けておりません。
支払方法 クレジットカード、コンビニ、Pay-easy、受験チケット
(銀行振込をご希望の方は、事前に受験チケットをご購入ください)
※お支払い後のキャンセル(返金)はできません。

電子ファイリング検定

電子ファイリング検定は、パソコンやインターネット、さらにはセキュリティにいたるまで、現代のオフィスで使われる情報技術等も学習し、電子データを経営資源として管理、活用する人材を育成するために実施されるのが電子ファイリング検定試験です。

■検定概要

A級 B級
申込期間 6/1〜、11/1〜 
実施期間 7月/11月下旬〜12月 
検定概要 電子文書を対象とするファイリングの概念を各組織に適用し、それをシステムとして実現し運用する際に指導者としての役割を果たすことができる人材と認められるレベル 電子文書を対象とするファイリングの概念を各組織に適用し、それをシステムとして実現し運用する際に担当者としての役割を果たすことができる人材と認められるレベル
試験形式 コンピューターでの出題(選択式および記述式) コンピューターでの出題(選択式) 
出題範囲 電子ファイリング検定A級およびB級公式テキストから出題 電子ファイリング検定B級公式テキストから出題
試験時間 90分 60分 
受験資格 不要 (組織内に電子ファイリングを構築しようとする人や中堅以上の社会人など) 不要 (電子ファイリングに興味があり初めて学ぶ人、実務に興味のある人や学生など)
合格基準 70点以上/100点満点(選択式および記述式ともにいずれも70点以上であること) 70点以上/100点満点
合否発表 実施期間終了日の1か月程度後にマイページで公開 検定終了後即時
受検会場 全国170ヶ所以上の受験会場から希望の日時を選択 
受検料 8,640円(税込) 6,480円(税込)
申込方法 インターネットからの申込み
(画面上部「受験申込み/空席確認」ボタンより申込み)
電話・FAXでの申込みや試験会場での申込みは受付けておりません。 
支払方法 クレジットカード、コンビニ、Pay-easy、受験チケット
(銀行振込をご希望の方は、事前に受験チケットをご購入ください)
※お支払い後のキャンセル(返金)はできません。 

公文書管理検定

平成23年4月に施行された「公文書等の管理に関する法律」に基づき、より強固な規制や管理が求められる「公文書管理」の意義を理解し、ライフサイクル全般を適切に管理する人材を育成する目的で実施されるのが公文書管理検定試験です。

■検定概要

マネジメント編 実務編
申込期間 6/1〜、11/1〜 
実施期間 7月/11月下旬〜12月 
検定概要 戦略的に公文書管理の立案及び管理ができ、指導者としての役割を果たすことができる人材と認められるレベル 公文書を通常の業務の中で維持・管理できる知識・技能を持っていると認められるレベル
試験形式 コンピューターでの出題(選択式および記述式) コンピューターでの出題(選択式) 
出題範囲 公文書管理検定マネジメント編および実務編公式テキストから出題 公文書管理検定実務編公式テキストから出題
試験時間 90分 60分 
受験資格 不要 (アーカイブズに興味のある人、組織内の公文書管理を構築しようとする人や中堅以上の社会人など) 不要 (公文書管理に興味があり初めて学ぶ人、実務に興味のある人や公務員を目指す学生など)
合格基準 70点以上/100点満点(選択式および記述式ともにいずれも70点以上であること) 70点以上/100点満点
合否発表 実施期間終了日の1か月程度後にマイページで公開 検定終了後即時
受検会場 全国170ヶ所以上の受験会場から希望の日時を選択 
受検料 8,640円(税込) 6,480円(税込)
申込方法 インターネットからの申込み
(画面上部「受験申込み/空席確認」ボタンより申込み)
電話・FAXでの申込みや試験会場での申込みは受付けておりません。 
支払方法 クレジットカード、コンビニ、Pay-easy、受験チケット
(銀行振込をご希望の方は、事前に受験チケットをご購入ください)
※お支払い後のキャンセル(返金)はできません。 

[各種お問い合わせはこちら]

●JJSTC事務局までお問い合わせください。→
連絡先に進みます

試験サービス
Lenovo
> ThinkVantage関連試験
IPTPC
> IPTPC認定技術者資格制度
キネシオ
> キネシオテーピング資格試験
MCPC
> モバイルシステム技術検定
コンピュータ教育振興協会
> CAD利用技術者試験
ジャストシステム
> ホームページ・ビルダー試験
交通工学研究会
> 交通工学研究会資格試験
日本経営協会
> 日本経営協会 検定
ネットショップ能力認定機構
> ネットショップ検定
日本ケアフィット共育機構
> 認知症介助士検定
日本ワイン協会
> 日本ワイン検定
元気人
> 認知症予防活動支援士2級
日本カラーコーディネーター協会
> 色彩活用パーソナルカラー検定
ヘルスケアプランナー検定協会
> ヘルスケアプランナー検定

トップページへ戻ります 初めてご利用の方 サイトにおける個人情報の取扱いについて 特定商取引法に基づく表記 サイトマップ
Copyright(c)2016 JJS Plus Test Center All rights reserved.